「窮鼠」国際興業がサーベラスを噛むか

再建とは名ばかり。資産をしゃぶりつくすハゲタカにたまりかね、訴訟ちらつかせて株買い戻しを画策。

2008年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

窮鼠、猫を噛む、とはまさにこのことか。窮鼠――国際興業社長の小佐野隆正。「最後の政商」と言われた創業者、故小佐野賢治の甥である。猫――米国の投資ファンド、サーベラス・キャピタル・マネジメント。総額74億ドル(約8千億円)でクライスラーを買収するなど、その辣腕は世界に知られる。サーベラスは地獄の番犬ケルベロスのことだから、本来は猫より犬と言うべきか。国際興業はサーベラス傘下で経営再建を進めてきた。昨年10月の帝国ホテル株の売却など、再建は着実に進んでいるかに見えたが、水面下ではサーベラスに訴訟も辞さない方向だというから穏やかではない。関係者によると、国際興業は「サーベラスは濫用的買収者であり、株主総会での議決権の行使はできない」と主張するつもりだという。

ブルドックと同じ論理

「濫用的買収者」――高値買い取りを狙って株を買い集めるグリーンメーラーのことだが、米ファンドの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。