人件費が急上昇 中国労働契約法の衝撃

格差是正の労働者保護政策。割を食うのはまじめな日本企業との声。

2008年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

労働者の長期安定雇用を目指した労働契約法が1月1日、中国で施行され、労使関係が大きく変わろうとしている。中国が労働者保護強化に乗り出したため、企業は負担増を免れられず、「安い人件費」を当てにしていた当初の目算は大きく狂うことになった。細かい規定を記した実施条例が3月にも制定される見通しで、今後、大きな混乱も予想される。利幅の薄い産業界は、生産品目の見直しのほか、中国の内陸やベトナムなど海外への工場の移転、廃業などの対応に迫られている。もともと人民元の対ドル為替レートの上昇で輸出産業は苦しく、原油高など原材料も高騰。労働者の権利意識の高まりで、従業員確保も難しくなっていた。そこへ新法が施行され、「とどめを刺された」と考える経営者もいる。2008年は中国が改革開放政策に転換して30周年。中国が受け入れた外資(契約ベース)は06年までに60万件、1兆4800億 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。