手の内丸見え「求心力なき小沢」

「与野党合意」で残された大連立の芽。膨らむ疑念を打ち消すために岡田克也に接近か。

2008年3月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「ああっ?」日曜日の1月27日、民主党代表・小沢一郎は国対委員長・山岡賢次からの電話に絶句した。与党は3月末が期限となる揮発油(ガソリン)税の暫定税率維持を含む租税特別措置法案延長のための「つなぎ法案」を国会に提出する方針を固めた――と知らされたからだ。これにはさすがの小沢も慌てた。「首相・福田康夫が一気に勝負をかけてきた」(周辺)と映ったからだ。その数日前、小沢は「福田は何があっても今春には解散しない」と周囲に語っていたという。つまり、与党が租特案を衆院で再可決し、野党が福田への問責決議案を参院で可決しても、解散にはならない。解散に追い込むのは、7月の洞爺湖サミット後(秋以降)に先延ばしするしかないとの判断に傾いていた。ところが、与党がつなぎ法案を提出するとなると、小沢戦略は根底から覆る。単なる牽制とタカをくくっていた小沢は、つなぎ法案が実 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。