中原、小林「奇怪な三角関係」

2008年3月号 連載 [硯の海 当世「言の葉」考 第23回]

  • はてなブックマークに追加

小林秀雄は『中原中也の思ひ出』にこう書いている。「大学時代、初めて中原と会った当時、私は何もかも予感していた様な気がしてならぬ。(略)中原と会って間もなく、私は彼の情人に惚れ、三人の協力の下に(人間は憎み合ふ事によっても協力する)、奇怪な三角関係が出来上がり、やがて彼女と私は同棲した。この忌はしい出来事が、私と中原との間を目茶々々にした。言ふまでもなく、中原に関する思ひ出は、この処を中心としなければならないのだが、悔恨の穴は、あんまり深くて暗いので、私は告白といふ才能も思ひ出という創作も信ずる気にはなれない」小林はゆえにあまり中原について語ってはいない。二人の出会いは二人の人生を大きく変えたばかりではなく、おそらくは日本の現代文学をもかなり揺り動かしたに違いない。小林はこう続ける。「驚くほど筆まめだった中原も、この出来事に関しては何も書 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。