長引く米脚本家ストハリウッドやTVに打撃

2008年2月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

収入配分をめぐる対立から11月5日、突入した米脚本家組合(WGA)のストライキが一段と深刻さを増している。映画公開の延期、テレビ番組の制作中断、打ち切りなどから映画・テレビ業界に経済的な大打撃となる可能性も出てきた。88年に実施された前回のWGAストは22週間続き、業界に推定5億ドルの損害を与えている。19年ぶりのストの影響は計り知れない。今回のストの最大の争点は、コンテンツのネット配信をめぐる収入配分である。WGAは作品がダウンロードされるごとに脚本家に入る報酬を倍増させること、そしてストリーミング(逐次再生)方式でダウンロードされた場合は、脚本家に対して、その売り上げの数%を支払うことを要求している。こうした要求の背景には、経営側が巨額な報酬を受ける一方で、現場労働者の賃金があまりに少額という賃金体系への不満がある。経営側は、ネット事業は未確立である ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。