中国「出稼ぎ」人口が払底内陸開発は日本企業の好機

湯水のごとき廉価な労働力の流入がぴたりとやんだ。沿海部の企業は我も我もと西部へ拠点をシフト。

2008年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

中国内陸部にある陝西省の省都、西安では、日本語弁論大会が年に1回開かれる。2007年は10月20日に西北大学の大講堂で行われ、西北大学の学生のほか、西安外国語大学、翻訳学院などから500人前後が集まった。最前列に座った日本航空、アサヒビール、ブラザー工業など後援企業の責任者たちから感嘆の声が漏れた。日本人教師の数の少ない西安で、よくぞここまでしゃべれるようになった――と。現在、西安で日本語専攻の大学生はおよそ3千人。「卒業後は3分の1が現地就職、3分の1が東の沿海部に出て、残りの3分の1は(陝西省以外の)故郷に戻っている」と西北大学の張先生は言う。一学年に約700~800人の日本語科の学生が在籍するが、卒業後に西安で就職できるのは300人もいない。日本語のできる人材はむしろ過剰というのが現状だ。しかし沿海部が労働力不足に陥ってきたほか、政府が推進する西部(内陸部)開 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。