「万能細胞」山中教授の類い希なる瞬発力

文科相らに「オール日本」の研究体制づくりを直訴。総勢20人のチームで、圧倒的な米国に立ち向かう。

2008年2月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

京都大学再生医科学研究所の山中伸弥教授は今、最も輝いている基礎医学者の一人である。神戸大学医学部卒の46歳。2年間の臨床研修医の体験から、重症患者を救う根本的な手立てを求めて基礎研究に転じ、米国留学後、奈良先端科学技術大学教授を経て2004年から現職。無骨で一本気な雰囲気が漂うが、仕事の中身がノーベル賞級と聞けば、思わず見る角度も違ってこよう。ニューヨークタイムズが半年の間に2度も1面記事で、山中教授の業績を絶賛した。最初は、07年6月7日付。マウスの皮膚細胞から、心臓や神経、角膜などあらゆる細胞に変化(分化)する可能性を持つ新「万能細胞」を作製したとの論文が科学誌「ネイチャー」電子版に発表された直後だった。2度目は、同年12月11日付の科学面別刷りの1面から4面にかけて。11月21日に科学誌「セル」電子版に、成人の皮膚細胞由来の万能細胞作製を発表し、再生医療 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。