「日本版SWF」構想に財務省の壁

アブダビや中国に負けじと「日本政府ファンド」創設の動き。今秋の議員立法をめざす。

2008年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

オイルマネーなど世界の政府系ファンド(SWF)の存在感が増し、有利な投資先を求める巨額マネーが瞬時に世界を駆け巡る。こうした激流の蚊帳の外にいるのが日本だ。マネー運用の重要プレーヤーに、日本はなれないのか。自民党の議員有志がぶち上げた「日本版SWF」構想が、波紋を投げかけている。年明け早々の市場の激震に、日本は右往左往するばかりだった。原油高騰と株価暴落を招いた要因は、米国の信用力の低い消費者向けの住宅融資「サブプライムローン」問題だ。米国経済は急減速し、先行きを嫌気した投機マネーが株式から原油、金などの商品市場になだれ込んだ。米国経済が低迷しても、新興国経済が急成長し、世界経済は順調だというデカップリング(非連動)説がある。しかし、ニューヨーク株価の急落が東京市場を直撃し、株価は暴落した。米国依存のカップリング(連動)の脆さを日本はさらけ出 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。