「次の爆弾」はヘッジファンド

火がついたら大変。証券化商品の46%はファンド保有。ハイリスクな150兆円の恐怖。

2008年2月号 BUSINESS [サブプライム禍拡大]

  • はてなブックマークに追加

2008年の年明け早々、ウォール街を首切りの嵐が襲っている。英紙タイムズ(オンライン版)は8日、米シティグループが07年度の決算発表時に、従業員の10%に相当する3万2千人の削減を発表する可能性があると報じた。CIBCワールド・マーケッツのアナリスト、メレディス・ホイットニーによれば、シティの経営を立て直すには、傘下の証券仲介業者ソロモン・スミス・バーニーを売却するほかない。優良事業を売り飛ばさなければ、シティもまとまった資金が入らないのだ。トップたちも首筋が寒い。シティ、メリルリンチに続き、第三の遅すぎた辞任劇がウォール街の嘆息を誘っている。サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題で深刻な痛手を被った投資銀行ベアー・スターンズのジェームズ・ケイン会長兼最高経営責任者(CEO)が、同じ8日にCEOを辞任すると発表したからだ。1993年からベアーのCE ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。