昨年に続き山崎拓が「核問題で再訪朝」を表明

2008年2月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「朝鮮半島の非核化を実現するために福田首相と連携しながら、ひと肌もふた肌も脱ぎたいと思っている」。自民党山崎派会長の山崎拓前副総裁が1月4日、地元・福岡市内で行った会合でこう語り、核開発問題の解決のため、近く北朝鮮を訪れる意向を表明した。  昨年初めに続いて再び平壌入りして存在感を示したいようだ。安倍政権の反対を押し切って強行した昨年の訪朝では、宋日昊・日朝国交正常化担当大使と15時間も会談。複数の労働党幹部とも会い、拉致問題の進展をめざしたが、「拉致は解決済み」という北側の壁に阻まれ、めぼしい成果はなかった。このため山崎氏は、今度は核問題に重点を置いて訪朝する考えだが、「二元外交を嫌う首相はその動きをむしろ警戒しているようだ」(官邸ウオッチャー)。山崎氏がスタンドプレーに走れば、気難しい首相の逆鱗に触れ、逆効果かもしれない。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。