武田國男氏 武田薬品工業会長

安易な道選ばぬ不動の「北辰」

2008年2月号 連載 [経営者のひきだし 第22回]

  • はてなブックマークに追加

「実力会長」という言葉を、ときどき耳にする。そのたびに、ひっかかるものがある。会長となっても社長の気分のまま、人事から何から口を出し、社長の力を殺いでしまうとすれば、何のための社長交代か。社業は社長に委ね、大所高所から会社の行く末を考え、社長たちに静かに助言する。あるいは、経験などを生かし、社会に大きく貢献する。そういう「実力」ならば、わかる。企業の中で、会長という職の処し方は、実は、そう簡単ではない。「北辰居其所、而衆星共之」(北辰(ほくしん)その所に居て、衆星これに共(むか)う)『論語』にある言葉で、北辰とは北極星。北極星は、常に天の同じ所にいて動かず、静かに輝いている。それを中心に、たくさんの星が天空を回る。真のリーダーというのはこの北辰に当たり、動き回ることなく、確固たる姿勢を示し、そこにいるだけでみんなが安心する存在でなければ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。