ボロ株TOB、リーマンと大島の怪

役者が悪すぎる。ライブドアから“還流”した120億円を召し上げる「出来レース」か。

2008年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

国内初の敵対的TOB(株式公開買い付け)成立――。新聞の第1面とはいわないまでも、経済面トップになってもおかしくはないニュースだろう。血で血を洗うM&Aが日本でも本格化する前触れである。しかし扱いは各紙とも小さく、ベタ記事並みの新聞もあった。いかんせん、役者が悪い。買収されたのは中古車販売の「ソリッドグループホールディングス」(東証2部)。設立時の商号は「ジャック・ホールディングス」だが、ライブドア傘下となって「ライブドアオート」、堀江貴文元社長が逮捕されるとイメージを払拭するために「カーチス」と、目まぐるしく看板を変えている。一株26円のTOB価格が象徴するように、ソリッドは市場でボロ株と見なされていた。買収したのはケン・エンタープライズ。悪名高い商工ローン大手SFCG(旧商工ファンド)の系列で、本誌07年12月号「地金見えた『大島コンツェルン』」が書いた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。