「嫌われヒラリー」涙の復活

大本命が緒戦で躓き、瀬戸際に追い詰められた。初の「女性」対「黒人」。奇跡の巻き返しの“秘密”は?

2008年2月号 DEEP [米大統領選序盤戦]

  • はてなブックマークに追加

わずか5日間でこれほど劇的な「天国と地獄」も珍しい。1月8日、米大統領選序盤戦の第2幕――東部ニューハンプシャー州の民主党予備選で、大方の予想に反し39%対37%で接戦を制したヒラリー・クリントンは破顔一笑した。「さあ、一緒に、ニューハンプシャーがたったいま私に与えてくれたようなカムバックを、われらがアメリカにも与えましょう!」もちろん、夫のビル・クリントンが1992年、同じニューハンプシャーで奇跡的な2位につけ、自ら「カムバック・キッド」と称して、一気に大統領当選まで突っ走った過去にちなむ。だが、緒戦のアイオワ州予備選はこうではなかった。

「権力亡者」に人間味の涙

黒人の上院議員バラク・オバマ(得票率38%)、元上院議員ジョン・エドワーズ(30%)に次ぐ第3位(29%)と、全米では常にフロントランナー(先頭走者)だった大本命としては、屈辱的な結果だったのだ。3日夜、ヒラリーは州都デ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。