福岡県知事とトヨタのしたたかな蜜月関係

2008年2月号 連載 [LOCAL EYE]

  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車が2010年代半ばまでに、これまで愛知県から「門外不出」だった自動車の開発拠点を一部福岡県に切り出すことになった。生産子会社であるトヨタ自動車九州の宮田工場(同県宮若市)周辺に建設する方向で、「自動車立県」を唱える麻生渡同県知事の公約にぴったり寄り添う絶妙の“パット”だ。昨年11月末に日経がスクープした。通産省(現経産省)でナンバー2の特許庁長官まで勤め上げた麻生知事にしてみれば、自動車業界は「我が庭」であり、トヨタの恭順ぶりに笑いが止まらないはずだ。昨年12月初旬に福岡市で初めて開かれたモーターショーの記念講演でも、麻生知事は北部九州での自動車生産「150万台構想」(年間)という量的目標を08年にも達成すると胸を張り、次のステップとして「生産拠点から開発拠点へと質的な向上が必要だ」と強調した。そのさきがけとしてトヨタの開発拠点のシフトを披 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。