中国でもいよいよカムリVSアコード戦争

2008年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

2008年は大台の1千万台に到達するとみられる中国の自動車市場で、トヨタとホンダが火花を散らし始めた。両社とも国内販売はぱっとしないだけに、有望市場でのパイの奪い合いにいっそうの力が入る。トヨタ自動車の中国合弁会社、広州トヨタが生産する乗用車カムリが絶好調だ。06年6月に本格生産を始め、07年は当初目標の15万台を上回る17万台を販売。一気に中国での中型セダン1位の座を奪い取った。これまで中国の中型セダン首位を守ってきたのは、同じ広州市で広州ホンダが生産しているアコード。98年に合弁会社を設立して以来10年、ライバルがいない状況でほぼ「一人勝ち」を続けてきた。しかし、07年の販売台数は「モデル末期」ということもあって、約12万台にとどまり、カムリに大きく水をあけられ、メンツをつぶされた形。価格形成能力を示すプライスリーダーの座もカムリに奪われ、受け身的な態勢 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。