「ポスト福田」で森喜朗が歯軋り

町村もダメなら中川もダメ。総理候補が尽きた清和会。キングメーカーもギブアップか。

2008年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「(官房長官の)町村(信孝)は自分が目立ちすぎだ。もっと福田さんをしっかりと支えないと」国会議員84人を擁する自民党の最大派閥・清和政策研究会(町村派)の最高実力者、元首相・森喜朗は、嘆息交じりに、こう漏らす。2000年4月、病に倒れた当時の首相・小渕恵三の後継として自ら首相の座に就いて以来、清和会は小泉純一郎、安倍晋三、そして福田康夫と4代続けて首相を輩出。森はキングメーカーの名をほしいままにしてきた。しかし、本来なら後を襲うべき町村は「首相候補に成長しきれていない」(清和会関係者)。折しも昨年暮れに内閣支持率が急落。政界では「福田早期退陣」論が囁かれ出した。森は苛立ちを隠せない様子だ。そうは言っても、目下のところ町村を除けば「ポスト福田」カードは見当たらない。だからこそ民主党との大連立に、森がなおも強い意欲を示しているのだろう。民主党との「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。