日航への出資を狙う米TPGの「あの手この手」

2008年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本航空への出資を目指す米国の買収ファンド、TPGが、その布石として日航が実施したJALカード売却の入札に「高値で札を入れた」(投資銀行関係者)。日航は財務リストラを迫られており、「日航に恩を売り、本体への出資交渉を有利に進める作戦」(同)とみられる。実はTPGは2007年春、日航への出資を提案したが、国土交通省や日航の西松遥社長の外資アレルギーが強く、頓挫した経緯がある。外資はエアラインに対して2割の出資規制があるが、TPGはマイナー出資でも日航再生に関与することで、日本での存在感を飛躍的に高められると判断した。TPGが日航への出資に意欲を燃やすのは、日本市場に06年、本格参入したものの華々しい投資実績を収めていないためだ。大型案件だった松下電器産業の日本ビクター売却では優先交渉権を獲得したが、ビクター労使の反発もあり、買収に失敗している。ただ、JALカード ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。