橋本 徹氏 ドイツ証券会長

自らの変化促す「神の声」

2008年1月号 連載 [経営者のひきだし 第21回]

  • はてなブックマークに追加

世の中に大きな貧富の差があり、何事も勝者と敗者が生まれることを知ってしまった人間たちに、静かに「和解と対話」に向かうことは、至難の業だろう。だからといって、「Winners take all」――勝者が、すべてを手に入れるといったウォール街流の競争至上主義が、21世紀の「幸福のバイブル」であるのか。いま、世界のあちこちで、長期的視点での問い直しが始まっている。11月、インド西海岸の商都・ムンバイから車で約5時間のパンチガーニの村で、同国と日本の国際ICという組織が「グローバル化する世界におけるアジアの役割」と題する会議を共催した。ICは非政府組織(NGO)。「Initiatives of Change」(自発的な変化)の略で、本部はジュネーブ、世界各地に地域組織がある。会議の参加者は、19カ国から企業人や政府関係者、ジャーナリストや市民団体代表ら約160人。日本人も約20人いたが、その中に唯一 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。