地銀N0.1「福岡銀行」のアキレス腱

図体はでかくなったが張り子の虎。メガバンクの九州侵攻とゆうちょ銀行の挟み撃ちに危機感つのる。

2008年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

福岡銀行(福岡市)は今年、持ち株会社「ふくおかフィナンシャルグループ」(FFG)を立ち上げ、経営不振の第二地銀、熊本ファミリー銀行(熊本市)、親和銀行(長崎県佐世保市)を相次いで統合。連結総資産は11兆7千億円と、横浜銀行(約11兆5千億円=横浜市)を上回る地銀トップに躍進したが、内実は張り子の虎に近い。その猪突猛進的な拡大路線の根底には、アジア、特に中国市場への橋頭堡として九州シフトを強める「メガバンク」と、潜在的な巨大ライバル「ゆうちょ銀行」の襲来に対する危機感がある。福銀の淵源は、明治10年設立の第十七国立銀行。九州の名門地銀がにわかに「全国区」になったのは総資産で浜銀を抜き首位に躍り出たからだ。九州の「田舎銀行」が浜銀の上を行く、という驚きが言外にある。

次の標的は南日本銀行

FFG会長兼社長(福銀頭取)の谷正明(64)は2006年5月の熊ファミ統合の発表記者会見で「さ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。