米国産牛肉輸入条件交渉で河野外務審議官が大チョンボ

2008年1月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米国産牛肉の輸入条件緩和をめぐり、外務省の河野雅治外務審議官(経済担当)が交渉の「落とし所」について口を滑らせ、若林農相の怒りを買っている。問題の発言が出たのは12月7日に東京で開かれた「日米次官級経済対話」の席上。マーク・キーナム米農務次官が「生後20カ月以下」の牛しか輸入を認めない月齢制限の撤廃を強硬に迫ったため、「『30カ月未満』で(内閣府の)食品安全委員会に諮問したい」と、うっかり口を滑らせてしまった。従来の日本の公式見解は「科学的知見に基づいて検討する」というもの。「30カ月未満」への緩和は、政府が温めていた落とし所だった。慌てた町村官房長官も「『30カ月未満』で食品安全委員会に提起しようとしているが、国内調整がついていなかった」と認めてしまった。これでは交渉も何もあったものではない。キーナム次官は即座に「段階的な緩和では納得できない」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。