NOVAを買収した稲吉正樹の「正体」

塾経営から出発した元地方公務員。38歳ながら怒濤の攻勢には舌を巻くが、内部統制には危うさも。

2008年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「8月の株主総会では、『今後、M&Aは抑えて、内部固めを進めていく』と稲吉社長は言っていたのに、まったく驚いたよ」会社更生法を申請した英会話学校大手NOVAのスポンサーに、名古屋の新興企業グループ「ジー・コミュニケーション(ジー・コミ)」が決まった翌日、同社に出資するベンチャーキャピタルの関係者は、こう漏らした。大阪の記者会見場でも、詰め掛けた報道陣の誰もが、初めて聞く社名に驚いた。実はジー・コミのメーンバンクの三菱東京UFJ銀行も、11月6日の発表の日まで、NOVAのスポンサーに決まったことを知らされていなかった。

塾「がんばる学園」が母体

名古屋に本社を置き、塾や外食産業を展開するジー・コミは、元は愛知県蒲郡市の職員だった稲吉正樹が1994年に始めた学習塾「がんばる学園」が母体。市役所を辞めた稲吉はしばらくは「がんばる学園」の拡大に邁進していた。しかし、2000年、稲吉が30歳の時に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。