三菱製紙を取り込んだ王子製紙の面目躍如

2008年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

王子製紙と三菱製紙が業務・資本提携を結んだ。王子と言えば06年、北越製紙に敵対的TOBを仕掛けたことが記憶に新しい。これを嫌った北越は三菱商事にホワイトナイト役を要請、同じ三菱グループの三菱製紙との再編を目論んだ三菱商事はこれを呑んで北越の筆頭株主に躍り出た経緯がある。「王子―三菱製紙」の組み合わせは詰まるところ、06年の仇敵同士が手を組んだというハナシ。意外な組み合わせが業界関係者の関心を呼んでいる。「昨日の敵が今日の友」となった原因は三菱製紙の異様なまでの気位の高さにあると言われている。「三菱商事に再編の主導権を握られることに対する三菱製紙の反発があった」と関係者は打ち明ける。三菱グループ内での鞘当てで、王子は漁夫の利を得た。一つは「北越―三菱製紙連合」を築くことで製紙業界に影響力を及ぼそうという三菱商事の目論見を打ち砕いたこと。もう一つは ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。