北朝鮮「非核化」は失敗する

1月にも北のテロ支援国指定を米国は解除する。置き去り日本はどうすべきか。

2008年1月号 GLOBAL [功を焦ったヒル外交]

  • はてなブックマークに追加

北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の関係国は、2007年に成立した「2月13日合意」と「10月3日合意」に従って、北朝鮮がはたして年内に完全かつ正確な核計画の申告と、核施設の無能力化を履行するとの期待も一部にあったが、やはり懐疑論者に軍配があがったようである。<編集部注=2.13合意とは、寧辺の核施設を停止・封印する見返りに重油5万トン相当を支援する初期段階と、その後にすべての核計画を申告し、全核施設を無能力化すれば追加で重油95万トン相当の支援を受けられる第2段階の合意。10.3合意は、北のテロ支援国指定解除をこの非核化措置と「並列的に」行う原則を再確認したもの> 「核計画」の申告対象について、米朝間には重大な認識の相違がある。米政府要人たちはこれまで「核兵器が含まれる」との認識をたびたび公言しているが、北朝鮮側は「含まれない」と主張している。2.13合意には核 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。