忍び寄る死と「瘋癲老人」の道行き

映画『ヴィーナス』

2008年1月号 連載 [IMAGE Review]

  • はてなブックマークに追加

ピーター・オトゥールには、2度死に方を教わったことになる。最初はデビッド・リーン監督の大作『アラビアのロレンス』で。冒頭、オートバイを疾走させ、宙に舞ってあっけなく迎える死。挫折した英雄の沈黙がそこにあった。第二はこの作品で。もう死体役しかお呼びがかからなくなった老残の俳優が、音もなく忍び寄る死と戯れ、回春に微かな望みをつなぐ日常を教えてくれた。その2作品の間に44年が流れた。舞台で鍛えた演技力でカメレオンのように何でもこなし、オードリー・ヘプバーンとのコメディーや『チップス先生さようなら』などで新境地を開いたが、1972年の『ラ・マンチャの男』以降、出演が減るのは、深酒が嵩じてアル中に陥ったからだという。75年に胃ガンに見舞われ、手術してカムバックを果たしたが、美丈夫の面影は失われた。75歳の今は痩せ細り、目尻の皺は深く、頭髪も薄くて、ありふれた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。