「防衛疑獄」線上の前総理

「利権屋」と「沖縄」を突破口に全面展開。聴取対象には日本郵政社長から「スリーダイヤ」まで浮かぶ。

2008年1月号 COVER STORY [八木特捜の戦線拡大]

  • はてなブックマークに追加

「何から何まで業者にたかろうとする組織が防衛省だ。これほど腐りきった役所は見たことがない」検察幹部は怒気をこめてそう断じた。防衛専門商社、山田洋行をめぐる防衛省汚職事件は、大物の前事務次官、守屋武昌の逮捕に至ったが、東京地検特捜部などの第一線はこれで満足するつもりはない。何としても政治家を焙りだし、逮捕にこぎつけようと眦(まなじり)を決している。防衛利権の闇に巣食う魑魅魍魎(ちみもうりよう)を大掃除する「防衛疑獄」――守屋逮捕はほんの序幕に過ぎない。第一の突破口は、東京・永田町の悪名高い億ションである。ルイ14世が移り住んだ宮殿名から名をとった「パレロワイヤル永田町」(以下、パレロワイヤル)。議員会館のすぐ裏手にあるこのマンションは築30年と古いが、家賃は月100万円を下らないとされ、1室買えば数億円の値段がつく。それでも国会から至近距離にあって ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。