「ドバイ馬主殿下」が日本で躓いた

ジャパンカップに勝っても、中央競馬会の馬主返上とは、いったい何が起きたのか。

2008年1月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

競馬界には「周囲の人間にゴタゴタがあった馬は勝てない」というジンクスがある。ジンクスが覆ったのが、11月25日のジャパンカップだった。勝ったアドマイヤムーン(12月4日に引退し種牡馬入り)の馬主だったダーレー・ジャパン・ファーム(DJF=北海道日高町)は2日後の27日、日本中央競馬会(JRA)に、馬主登録の返上を申請した。登録を受けた7月末からわずか4カ月、国内最高賞金のレースに優勝した直後。全く異例の事態だった。レース当日から、奇妙な雰囲気が漂っていた。DJF代表だった高橋力氏(60)は、優勝会見でも口元一つ緩めない。表彰式で馬の脇に立ったのは、DJFに同馬を40億円で売却した元の馬主の近藤利一氏。近藤氏は同夜、東京都内のホテルで祝勝会を開いたが、高橋氏の姿はなかった。返上申請に先立ち、高橋氏は自らが90%出資したDJF株を第三者に譲渡し、代表を退任。昨年来、1年以上 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。