北の完勝・日本の完敗 その原因は何か

2008年1月号 連載 [「軍略」探照灯 第21回]

  • はてなブックマークに追加

11月16日、ブッシュ米大統領は福田首相とホワイトハウスで会談し、拉致問題については「決して忘れることはない」と語った。これは借金の返済を求められた人が「忘れた訳ではない」と答えるとか、男が別れようとする女性に「君のことは忘れない」と言うのに似て、実際には「申し訳ないがお役に立てない」との意向を婉曲に表現した外交辞令だ。6者協議で北朝鮮は望むもの全てを手に入れた。寧辺の核施設の稼働停止、封印は呑んだが、米国の科学・国際安全保障研究所は北朝鮮はすでに核爆弾3発ないし12発分の兵器級プルトニウムを保有すると推計している。寧辺の核施設停止には、これ以上作らせない効果しかなく、6カ月か1年で再稼働も可能だ。2007年2月13日に6者協議で採択された共同文書ではIAEA(国際原子力機関)の査察対象は寧辺の施設に限られている。現実問題としても核爆弾の中心に入れるプルトニ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。