鈴木 弘治氏(高島屋社長)

株安と物価高が心配消費者心理冷えそう

2008年1月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――景気の先行きに、強弱、見方が分かれてきました。08年を、どう予測しますか。鈴木 米国のサブプライムローン問題や株価低迷など、半年前に比べると、いろいろなマイナス要素が複合して現れており、楽観視できません。08年のGDP(国内総生産)の実質成長率は、1.5~2%までは難しい。やや慎重にみておいたほうが、いいと思います。――景気後退の懸念も?鈴木 ええ。サブプライムローン問題も短期に解決するかと思いましたが、全世界の金融機関の決算に影響しています。原油価格も高止まり。国内をみても、個人消費は一進一退で、東京とその他の都市、大企業と中小企業などで一様ではありません。ちょっと景気後退、という場面もあるのではないですか。――消費者心理も冷えていますか。鈴木 株価は百貨店の売り上げにたいへん連動性があり、その低迷は購買心理にひじょうにマイナスに働きます。年末商 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。