ゴルフツアーの救世主となった「トヨタの奥田」

2008年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

奥田碩トヨタ自動車取締役相談役が日本ゴルフツアー機構(JGTO)の理事に就任したのはわずか1年前だが早くも「奥田効果」があらわれたとゴルフ界は驚いている。トヨタ自動車、松下電器産業、キヤノンの3社が来期の男子ゴルフツアーのスポンサーになったからだ。アジアパシフィック・パナソニックオープン、キヤノンオープン、レクサス選手権は、いずれも賞金総額が2億円というビッグトーナメント。男子ゴルフはアマチュアの石川遼選手が登場し話題を集めたが、女子に比べるとスター選手がおらず、サントリーをはじめスポンサーを降りる企業が相次いでいる。男子ツアーが成り立たなくなるとして同機構は奥田氏を招聘し、窮状を訴えた。トヨタはもちろん松下、キヤノンとも奥田氏の要請に応えたもので、改めてその影響力をみせつけた格好だ。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。