三井物産の次期社長は松本、井沢の一騎打ち

2008年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

三井物産の槍田松瑩社長の後任は松本順一、井沢吉幸の両専務に絞られた。「バランスの松本」「実力の井沢」といわれる両者は甲乙つけがたく、どちらに軍配が上がるか、社内外が注目している。槍田社長は在任6年目に入り、日本経団連の副会長も兼務していることから2008年4月に後継にバトンタッチし、財界活動に軸足を移すことが確実視されている。松本専務は人事を担当しているが、財務、経営企画、物流など幅広い分野を歩み、安定感がある。一方の井沢専務は、情報通信、関西支社長などを経験し、今は中枢の投融資委員長という重責を担っている。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。