首都高の距離別運賃制にドライバーよ、怒れ!

2008年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

首都高速道路会社が2008年10月から予定している首都高の距離別運賃制への風当たりが強い。長距離区間では普通車で最高1200円、大型車はさらにその倍の料金がかかる。当然、運送業界は猛反対しているが、さらに問題なのはETC(ノンストップ自動料金収受システム)車載器をつけていない一般ドライバーだ。車載器がないと、利用区間にかかわらず最高額を取られてしまう。首都高会社は小型通信機と電子マネーカードを貸し出す「救済措置」を導入する予定だが、これが面倒、不便この上ない。まず、ドライバーは首都高入り口近くの店か自動販売機で3千円程度の通信機と電子マネーカードを借りる。それをシガーソケットに差し込んで、入り口ではいったん停止して最高額を払う。出口は素通りできるが、距離に応じた差額は電子マネーで返金され、現金では返してもらえない。通信機は首都高でしか使えずETC割引も ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。