全国スト乗り切ったサルコジの「次」の目玉

2008年1月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

10月~11月、フランスでは年金特別制度改革案の撤回を求めて、国鉄や市営交通などを中心に全国ストが行われた。5月の当選以来、公約実現を掲げて飛び回り「スーパーサルコ」のあだ名までついたサルコジ大統領にとって初の試練となったが、改革案を撤回することなく、主要組合から一定の譲歩を引き出すことに成功した。大統領がめざしたのは、公社職員の早期定年退職を認める「特別制度」の撤廃。戦後復興期に劣悪な労働条件下にあると認定された国鉄、電気、ガスなど124の職種、50万人(退職者は100万人超)を対象に、年金の保険料納付期間を他職種よりも短い37年に設定した優遇措置で、国庫を圧迫する旧弊の象徴と見られてきた。フランスでも2040年までに60歳以上の高齢者が人口の3分の1(2100万人)を占めるため年金制度見直しが急務だが、長年培われてきた権利意識を変えるのは容易ではない。特にこ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。