江沢民の息子の密談盗聴国家機密漏洩の証拠

2008年1月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

上海の富豪、周正毅の贈賄事件に巻き込まれた江綿恒(江沢民・前国家主席の長男)の疑惑を追う中国当局は、江綿恒と周正毅の会話を録音したテープ1巻を入手している。2003年5月26日の夜、江綿恒と周正毅はあるカラオケバーで密会したが、このとき江は周に党と国家に関わる機密を漏らしている。その機密には、香港の中国銀行元総裁、劉金宝に関する情報が含まれるという。劉金宝は福建省アモイを舞台にした汚職・密輸事件「遠華事件」に関与した容疑で摘発された人物だ。関連当局は江と周の密談の以前から周による贈賄の捜査を始めており、この密談当日も周の携帯電話は盗聴されていた。さらに当日の晩は、2人の密談前にバーにも盗聴器が仕掛けられ、両者の会話は全て記録されたという。事態の拡大を防ぐために、この夜、江がバーを離れた後、捜査関係者は即座に周を逮捕、録音テープを党指導部に送付し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。