「ユニマット総帥」高橋洋二が中核会社の社長を辞任!

2007年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

6人の死傷者を出したユニマットグループの温泉施設「シエスパ」のガス爆発事故は、現在も警視庁の捜査が続いている。渦中のユニマットグループ総帥、高橋洋二氏がグループの中核企業の社長を密かに辞任していたことが、本誌の調べで明らかになった。高橋氏が社長を辞めたのはユニマットグループの持ち株会社「ユニマットホールディング」。同社は資本金1億円。1973年の設立で、役員には高橋氏のほか、高橋氏の夫人や子供らが名を連ねている。「ユニマットホールディングは高橋家の資産管理会社でもある。ユニマットホールティングの大株主である高橋氏は、同社を通じてユニマットグループ各社の株を保有しグループを支配してきた」(ユニマットグループ社員)という。登記簿によると、高橋氏が同社の社長を辞めたのは今年9月1日。高橋氏が代表権を持つ相談役に退く代わりに、長男の高橋洋平氏が社長に就 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。