ああ「女医」が殖えて国滅ぶ

やがて3人に1人は女医の時代が来る。「休眠女医」や「ファッション女医」ばかりでは困る!

2007年12月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

半世紀近くも昔、女性の大学進学率が高まるにつれ、女が大学に行っても役に立たないという「女子大生亡国論」が世をにぎわした。今は女性医師の増加が医師不足の背景にあるとされ、医療崩壊になぞらえて、「女医増えて、国(の医療)滅ぶ」と揶揄する声もちらほら聞こえてくる。果たしてそうだろうか。厚生労働省が2年に1度実施する「医師・歯科医師・薬剤師調査」。2004年末時点の調査データに基づく、医師の男女比の経年変化を示した表1を見てほしい。医師全体に占める女性医師の割合は16・5%。1974年から30年間、見事なまでに右肩上がりのカーブを描いている。表にはないが、20代医師に限ると、04年は35・3%で、その10年前より10・7%も増えている。01年から医師国家試験の女性合格者がコンスタントに30%台を推移しているためだ。15年には医師5人に1人は女性となり、いずれ欧米並みに3人に1人(表 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。