売るに売れぬ日立HDD部門

テレビとともに「双子の赤字」を垂れ流し、株価でも東芝との差は開くばかり。

2007年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

9月27日、日立製作所が、ハードディスク駆動装置(HDD)事業を手がける子会社日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)を売却するという噂が、業界筋で物議を醸した。低迷を続ける日立株はこれを材料に急騰、同日は前日比49円高の750円で引けた。HGSTは2003年、日立が米IBMから2500億円を投じて買収したHDD事業と、自社の同じ部門を統合して設立。本社を米カリフォルニア州に置き、世界シェアは第3位。「日立のグローバル展開の象徴のひとつ」(幹部)と自画自賛する企業だった。しかし、その設立後、一度として黒字を計上したことがない。07年度の期初予想も330億円の営業赤字。これで5期連続赤字だ。お荷物であることは周知の事実だったから、これを売るという観測に株式市場が反応しないわけはなかった。噂の根元は投資銀行業界筋。メリルリンチが複数の投資ファンドに「HGSTを買収する気があ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。