イラン「重包囲」外交の釣り餌

ロシアも欧州も中東周辺国も巻き込み、硬軟両様でテヘランに「核開発断念」を迫る米国。

2007年12月号 GLOBAL [米国のアメとムチ]

  • はてなブックマークに追加

何だろう。ワシントンに漂うこの緊迫した空気は。小声で囁かれる言葉は「サージカル・アタック」(外科手術的攻撃)――イランの核施設を米国が空から一撃して、核兵器開発を阻止する軍事行動である。無理もない。以下の報道だけを見れば「米・イラン戦争近し」と早合点しても仕方あるまい。10月17日――ブッシュ大統領が「第3次世界大戦を回避したいなら、イランが核兵器製造に必要な知識を得ることを阻止すべきだ」と言明。10月21日――チェイニー副大統領が「(イランが核開発を停止しない場合)重大な結果を与える用意がある」と警告。10月25日――ポールソン財務長官とライス国務長官が「イラン革命防衛隊は大量破壊兵器の拡散に関わる組織」と指定し、米企業・個人との取引を禁止する金融制裁を発動すると発表。この制裁法の下、革命防衛隊傘下の精鋭部隊「クッズ部隊」が主権国家の軍として初めて「テロ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。