アシックス会長 鬼塚 喜八郎氏

運動靴に賭けた男

2007年12月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

「やあやあ。元気ですか」。会えばいつも、破顔一笑。温かい手でしっかりと手を握り締める。アシックス(本社・神戸市)創業者の鬼塚喜八郎は、最後まで「元気印」の経営者だった。思い込んだらネアカに突っ走る。神戸の町工場から出発し、世界を駆け抜けたエネルギーはいささかも衰えず、まさに完全燃焼の人生だった。鳥取県出身。旧制鳥取第一中学校卒業。陸軍士官で敗戦となり、復員後、1949年に神戸で鬼塚商会を起こした。当時は戦後の混乱期。闇市では、行きあぶれた若者がたむろし、治安も乱れていた。「健全なる精神は健全なる肉体に宿る。青少年の育成にはスポーツが最もいい」。そう思い定めた鬼塚は、神戸・長田がケミカルシューズ産業の町だったこともあり、シューズづくりに乗り出した。最初に「鬼塚イズム」を発揮したのが、バスケットボール用のシューズだった。どうすれば靴底の滑りを防 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。