「ネットで見える地デジ」 NTTの虫のよさ

次世代ネットワークで地デジ再送信というが、新手の「放送と通信の融合」に放送業界はソッポ。

2007年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

放送と通信の融合――あれほど喧伝されたのに、新興インターネット企業のライブドアや楽天の民間テレビ局買収が頓挫すると、すっかり熱がさめた。そこに「通信のガリバー」NTTが狼煙をあげた。既存の電話網に代わる次世代ネットワーク(NGN)で、地上デジタル放送(地デジ)を再送信しようというのだ。さて、勝算やいかに。10月25日、NTT(持ち株会社と東西両社)はNGNを利用した商用サービスに関する活用業務認可申請を総務大臣に提出するとともに、昨年12月から行ってきたNGNのフィールドトライアル(実証実験)の結果を公表した。注目の地デジ再送信実験(07年1~3月実施)は「モニターの95%が『良い』と回答する」など反応が上々だったことを伝えている。が、それは一部で期待されていたような難視聴対策ではない。総務省と全国地上デジタル放送推進協議会(全国協議会)が9月中旬に公表した「市町村 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。