この正月も年賀状が届かない

昨年の大失態の二の舞いか。現場から「最悪の事態も……」とため息。

2007年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

10月中旬、来年用のお年玉付き年賀はがきの報道発表会が東京・丸の内の「丸ビルホール」で開かれ、100人を超える報道陣でごったがえした。人気グループ「嵐」の二宮和也さんと並んで日本郵政の西川善文社長が登壇し、「年賀はがきは郵政民営化後、第1弾の大型商品。お客様から郵政が変わった、と実感してもらえるようなサービスを提供したい」と訴えた。「年賀状は贈り物」をキャッチフレーズに、日本郵政が繰り出すテレビCMには二宮さんをはじめ、女優の上野樹里さん、脳科学者で作家の養老孟司さんら豪華な顔ぶれを起用した。投じる販売促進費は80億円と、昨年の2倍に増やした。発行枚数は法人向けも含め40億枚と、4年ぶりに前年を上回るほか、定番の年賀はがきに加え「ディズニーはがき」「デザインはがき」など新機軸てんこ盛りの力の入れようだ。だが、そんなお祭りムードとは対照的に、現場の危機 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。