「大連立」の黒幕は財務省

読売のナベツネも頼みにする「ある人物」。構想の具体的な肉付けや根回しをした「陰のキーマン」とは。

2007年12月号 COVER STORY [浮上した「陰の仕掛け人」]

  • はてなブックマークに追加

まだ、点と線にすぎない。今後、さらに検証が必要だ。それでもこれが、この先の政治絵図を描くうえで不可欠の基点と補助線になりそうな予感がある。福田康夫首相と民主党・小沢一郎代表の「大連立構想」は、「プッツンした」小沢氏の辞意騒動で頓挫した。マスコミで「仕掛け人」と目されたのは、読売新聞グループ本社会長兼主筆の「ナベツネ」こと渡邉恒雄氏だ。しかし、渡邉氏は政財界の要人たちを「大連立でなきゃダメだ」と精力的に説いて回った事実は認めているものの、肝心の福田・小沢両氏の間を取り持ったのかについては「ノーコメント」を通している。児玉誉士夫や田中角栄、大野伴睦といった戦後の名だたる政界フィクサーや大物政治家を相手に渡り合ってきた海千山千の渡邉氏のこと。呆気なく失敗した会談の仲介役として、のこのこ出歩き尻尾をつかませるものだろうか。「黒幕」は現場から一歩 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。