KDDI――ドコモに勝てぬアキレス腱

絶好調に見える「小野寺独裁」だが、周波数再編や接続料問題で、これまで楽をしてきたツケが来る。

2007年12月号 BUSINESS [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

「KDDIは遅れてきた帝国主義国家かな。欧米列強(NTTドコモ)にやっと追いつき、これから植民地で甘い汁を吸おうとした矢先、叩かれ始めたんだ。1930年代の大日本帝国を彷彿とさせる光景だなあ」KDDIのOBはため息交じりに呟く。業績はいま絶好調に見えるが、「先楽後憂」ではないかと気を揉んでいるのだ。確かにKDDIは10月19日発表の07年9月連結中間決算で、営業利益が前年同期比9%増の2496億円、売上高は同8.1%増の1兆7343億円と、いずれも中間期で過去最高を更新した。これに対しNTTは、稼ぎ頭のドコモが番号継続制導入後、携帯大手3社で“一人負け”を続け、4期連続で営業減益になっている。にもかかわらず、NTTは高枕。「携帯のシェア50%割れが近づいているというが、KDDIに追いつかれるわけがない。2012年問題があるから……」と足元を見透かす。2012年問題とは携帯の周波数帯引っ越しのこと。ドコ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。