シャープに群がるピラニア

液晶新工場建設に割り込もうと、地元で怖がられる業者の名が躍る。「6代目山口組」大阪進出の前兆か。

2007年12月号 DEEP [堺の1兆円プロジェクト]

  • はてなブックマークに追加

「1兆円プロジェクト」が漂わせる血の芳香に、獰猛なピラニアが引き寄せられつつある――。シャープが危ない。プラズマ陣営の松下電器産業と並び、「薄型テレビの勝ち組」と称せられて、この7月、大阪府堺市に新たな製造拠点を築くと発表したばかりだ。用地は新日本製鉄の堺製鉄所に隣接する遊休地で、敷地面積は127ヘクタール。液晶テレビ「アクオス」とともに世界に知られた亀山工場の4倍の広さだ。畳5畳分、第10世代と呼ぶ大型ガラス基板を世界で初めて採用。大型テレビ用の液晶パネルを効率的に生産していく。「21世紀の液晶コンビナートを作る」。そう豪語する片山幹雄社長の言葉どおり、ガラス大手のコーニングジャパン、カラーフィルターの大日本印刷、そして関西電力もこの用地内への進出が決まった。新工場への投資額は3800億円。電力などのインフラを含めた総投資額は1兆円に達する。「国家的プ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。