国交省の威信低下を物語る「みらい建設」の倒産劇

2007年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

9月27日に民事再生法の適用を申請した中堅ゼネコン、みらい建設グループ(東証1部)は、国土交通省の描くゼネコン再編モデルの破綻でもある。同社は中堅ゼネコン3社の寄せ集め。日東建設が、大都工業(1997年8月会社更生法申請)を救済合併して、99年10月に日東大都工業が誕生した。さらに、2002年3月に三井不動産建設を傘下に収め、上場ゼネコンでは初の持ち株会社として、みらい建設グループとなった。業界再編が進まない建設業界において、M&Aや再編の先駆者的な企業として、国交省もゼネコン再編のモデルケースをバックアップしてきた。今年6月まで社長を務めていた井上興治会長は、国交省OBだ。しかし、同社の経営実態は中堅3社の寄り合い所帯にすぎず、公共工事削減や脱談合の逆風を乗り切るには弱体すぎた。最後の数カ月は、財務内容の悪化による金融機関からの資金調達困難に加え、増資引受先 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。