札付き福井銀行がメーンの福井鉄道の再建が難航

2007年11月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

福井県で鉄道・バス・不動産事業を営む「福井鉄道」(越前市)の再建がヤマ場を迎えている。注目されるのが同社の鉄道事業。福井市と鯖江・越前両市を結ぶ福武線(21.4キロ)が慢性的な赤字に苦しみ、会社側が「事業者単独での福武線の存続は困難」との結論に達したからだ。累積赤字は21億円、借入金債務は約31億円に膨らみ、抜本的な再建策が急がれる。9月に入り、同社は県と沿線3市に対し、官民での再建協議の場を設けるよう事実上の支援要請を行ったが、行政側は福井県民の足として重要性を認識しながらも、歴代社長を送り込んできた親会社の名古屋鉄道や、金融機関の支援を当てにしており、一歩距離を置くスタンス。再建協議の行方が危惧される理由の一つは、同社の金融債務の大半を保有するメーンバンク、福井銀行の存在。本誌8月号で、地域銀行としての使命を忘れたワンマン頭取の悪評・弊害を指 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。