朝日新聞の「論座」が廃刊か

2007年11月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞社の出版本部が来年4月に分社化され、100%子会社の新会社として発足する。これを機に、朝日が「言論戦の旗として赤字でも出し続ける」と公言してきたオピニオン月刊誌「論座」の廃刊が避けられそうにない。新社では「シニア編集部」を設けて、医療、旅行、老後設計、園芸、資産運用などの分野を強化し、中高年の読者離れを防ぐ方針。売れない論壇誌は用済みということか。出版本部の2007年度の売り上げは約130億円で、約10億円の赤字見込み。この10年間で売り上げが半減した。しかも、年収が1500万円近い高給取りの社員を多く抱えているため、労務コストが重くのしかかっている。大手新聞社の常として出版部門に配された人材は「高給取り」の割に働かない。新社では朝日本体からの出向組(高給取り)を現在の半分の80人程度とし、契約社員を増やして人件費を大幅に削る方針だ。新聞広告の落ち ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。