小沢の天下取り「二正面作戦」

小沢の真骨頂は正攻法ではない。小泉と手を握る信じ難い奇策が囁かれている……。

2007年11月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「♪田舎なれどもサーハーエ…」福田政権発足を目前にした9月21日夜、東京・神田の土佐料理屋。民主党代表・小沢一郎 (65)は「土佐鶴」をあおりながら、岩手の民謡「南部牛追い唄」をうなっていた。小沢を囲んだのは衆院議員・藤井裕久や、元参院議員・平野貞夫、元衆院議員・鈴木淑夫ら8人。なじみの古顔たちに囲まれた小沢は時折、真顔で「次の衆院選が勝負だ」「政策は重要だ」と力説してみせた。「小沢さんは本気で腹を固めましたな」。会合が引けた出席者たちは異口同音につぶやいた。自民党時代を含め20年以上も永田町のキーマンであり続ける小沢が、参院選での勝利をテコに、いよいよ自民党との最終決戦に挑もうとしている。酒宴で見せた姿は、その高揚感ゆえだろう。同時に忘れてはならない点がある。小沢は元外相・安倍晋太郎と生前、気脈を通ずる間柄だっただけに、その息子・晋三と本気で争 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。