福田総理誕生で外務省“エース”が復活

2007年11月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

福田康夫首相の秘書官に石兼公博国際協力局政策課長(昭和56年入省)が指名された途端、外務省内から拍手喝采が起こったのは、なぜか?時は、昨年の5月連休に遡る。自民党総裁選への出馬を取り沙汰される福田氏は、旧知のハワード・ベーカー前駐日米大使の招請により訪米した。その時点で「ポスト小泉」をめぐる総裁レースは安倍晋三官房長官(当時)が圧倒的に優勢と見られ、谷内正太郎事務次官(44年)ら外務省首脳部は「安倍シフト」へ舵を切っていた。当時、駐米公使だった石兼氏は、かつて官房長官秘書官として福田氏に仕えた身であり、当然ながら福田氏に随行した。前官房長官の肩書しか持たない福田氏だが、この訪米中にディック・チェイニー副大統領、コンドリーザ・ライス国務長官らブッシュ政権中枢と相次いで会談、ワシントンとの太いパイプが話題を呼び、総裁候補としての巻き返しに成功し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。