森ビル代表取締役社長 森 稔氏

先手打った「上海進出」中国政府と太い絆

2007年11月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――森ビルが手がける「上海環球金融中心」が、来春いよいよ開業ですね。アンテナなどを除くビル本体の高さが世界一(地上101階、高さ492メートル)。桁はずれの超高層複合ビルが、中国経済の新たなステータスシンボルとして脚光を浴びています。森 9月14日に上棟式を行い、現地の新聞、テレビにトップで報じられました。来年は北京五輪、2010年には上海万博が開催されます。1994年に浦東新区の土地を取得してから14年の月日がたち、竣工が7年も遅れましたが、結果的にベストのタイミング。いろいろな困難を乗り越えて、よくぞここまで来たものだと、感慨深いものがあります。――中国へ本格進出を果たした我が国の不動産業は森ビルだけです。しかも世界が注目する浦東の摩天楼街にランドマークを建てる。森さんがいち早く上海に注目した理由は?森 90年代の初めに中国政府は浦東を経済特区にし、アジアの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。