「ミャンマー」で得点稼ぐ したたか過ぎる中国外交

2007年11月号 GLOBAL [グローバル・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

僧侶のデモに端を発し、日本人ジャーナリスト、長井健司氏(50)が射殺されたミャンマーでは、軍事政権の強圧で抗議行動が封じこめられつつある。軍事政権を支援する中国では、個々の動きはネットで報じられているものの、新聞などの扱いは小さく、中国外務省は「双方が自制を」と繰り返すのみ。流血も辞さずに武力で鎮圧した1989年の天安門事件との相似が海外メディアで取り上げられ、中国としても神経質にならざるをえない。特にVOA中国語版は、ミャンマーが軍政を強めていく88年以降の時期がちょうど中国の天安門事件に重なると分析している。ミャンマーの90年総選挙で「国民民主連盟」が勝利したにもかかわらず軍事政権が承認せず、アウン・サン・スーチー氏を自宅軟禁する過程を天安門とパラレルとみなし、「ミャンマーのデモ行進の映像が、現在の中国国内で当局にとって触れてほしくない部分に光 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。